ビタミンC誘導体 効果

投稿日:


化粧品に配合されているビタミンC誘導体にはどのような効果があるのかご存知ですか?

また、副作用の有無も気になります。

そこで、ビタミンC誘導体の効果と副作用を調べてみました。

その結果、ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性の2種類に分かれ、シミ・シワ・くすみなどに効果的ということが分かりました。

但し、効果が高い半面、刺激などの副作用もあるので、敏感肌の方は副作用の少ない油溶性のビタミンC誘導体が良いことも分かりました。

詳しくご紹介しますね。

ビタミンC誘導体はどんな成分?

ビタミンC誘導体は、簡単に言うとビタミンCに改良を加えた成分です。えっ!?なにそれ?

はい、詳しくご説明しますね。

ビタミンCは、ピーマン、ゆずの果皮、パセリ、レモン、ケール、いちごなどに多く含まれる成分で強い抗酸化作用があります。

この強い抗酸化作用によって、肌に有害な活性酸素を無害化する働きに優れています。

つまり、活性酸素による細胞への攻撃を阻止することで、シミ・シワ・たるみを防いでくれます。

コラーゲンの合成を助ける効果もある

ビタミンCは、その他にも私たちの皮膚や血管、骨に多く含まれるコラーゲンの合成を助ける働きがあります。

コラーゲンは、皮膚の弾力には欠かせない成分です。加齢によるコラーゲンの減少は肌の老化の一番の原因です。

ビタミンCは、肌の若々しさを保つためには必須の成分です。しかし、唯一の欠点が「安定性の悪さ」です。

ビタミンCは安定性が悪く壊れやすい!?

ビタミンCは、非常に安定性が悪く壊れやすい成分なので、直接肌に塗っても吸収する前に壊れてしまいます。

そんな欠点を補うために開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンC誘導体は安定性が高く、皮膚に吸収されすい成分に改良されていています。

つまり、ビタミンCの効果を維持しつつ、欠点の部分だけを無くした成分ということです。

ビタミンC誘導体の種類と効果

ビタミンC自体は、L-アスコルビン酸という成分なので1種類です。

しかし、ビタミンC誘導体に加工する方法が数種類あるので種類の違うビタミンC誘導体が存在しています。

ビタミンC誘導体の種類によって、「持続時間」「吸収性」「刺激性」などが違ってくるので、肌への効果にも違いが出てきます。

水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、大きく水溶性と油溶性に分かれます。

水溶性は、短時間で肌に吸収されるので即効性と効果が高い特徴があります。主に化粧水やローションタイプの化粧品に配合されています。

しかし、効果が高い半面、刺激が強く敏感肌の方には向いていません。紫外線にも弱いので夏場は避けた方がいいでしょう。

油溶性は、刺激が少なく、持続性が高い特徴があります。主に美容液や保湿クリームなどの化粧品に配合されています。

刺激が少ないので、敏感肌やインナードライの方にも安心です。

水溶性ビタミンC誘導体の種類

水溶性ビタミンC誘導体には大きく3つあります。

それぞれに持続時間、吸収性、刺激性に違いがあるのでご自身にあったビタミンC誘導体を選ぶようにしましょう。

1、リン酸アスコルビル(アスコルビルリン酸Na)

リン酸型には、「リン酸アスコビルナトリウム」と「リン酸アスコビルマグネシウム」の2種類があります。

どちらの成分も安定性が高く広く利用されている汎用性の高い成分です。

リン酸アスコビルナトリウム

リン酸とナトリウムを結合させることで水溶性と安定性を高めた成分で医薬部外品に使用されているビタミンC誘導体のひとつです。

高濃度での配合に向いているため、皮膚科などでも良く用いられています。

強い抗酸化作用を持ち、シミ・シワ・くすみなどの効果が期待できます。

リン酸アスコビルマグネシウム(アスコルビルリン酸Mg)

リン酸とマグネシウムを結合させることで水溶性と安定性を高めた成分で、こちらに関しても医薬部外品に使用される成分です。

リン酸アスコビルナトリウムに比べるとより安定性が高く、長時間効果を発揮します。その持続時間は12時間以上になります。

リン酸アスコビルナトリウム同様、強い抗酸化作用を持ち、メラニン色素を抑制して、シミ・くすみを防ぎます。

もちろん、シワやたるみといった肌トラブルにも効果的です。

持続時間、刺激性の面では、リン酸アスコビルマグネシウムの方が少し高く、吸収性に関しては、リン酸アスコビルナトリウムが優位です。

2、L-アスコルビン酸-2グルコシド

アスコルビン酸(ビタミンC)にグルコース(糖)を結合させた水溶性ビタミンC誘導体です。

非常に安定性が高く、長時間効果が続きます。その理由はグルコースを分解する酵素が表皮に少ないから。

そのため分解に時間がかかりビタミンCがゆっくり肌に放出されるために持続時間が長くなります。

ある研究では、グルコースの分解に時間がかかりすぎるため、ビタミンCの効果を疑うような意見もあります。

この成分は、1994年に資生堂によって医薬部外品に承認された成分なので、かなり古いですね。

今では、新しい水溶性ビタミンC誘導体が開発されているのであまりメリットはないかもしれません。

3、ビタミンCエチル(VCエチル)

ビタミンC誘導体は、肌へ吸収させるためにマグネシウムや、ナトリウム、糖などと結合させることで肌へ吸収されます。

肌に吸収されたビタミンC誘導体は、肌の内部で酵素によって分解されることではじめてビタミンCが作用します。

このように、ビタミンC誘導体からビタミンCへと変化するためには、酵素による分解という過程が必要です。

そのため、通常は効果が現れるまで時間がかかってしまいます。

ビタミンCエチルの即効性は凄い

しかし、ビタミンCエチルは、酵素による分解をしなくてもよい成分です。即ビタミンCとして作用するので効果が現れるまでの時間が非常に短くなりました。

このように、ビタミンCエチルは、今までのビタミンC誘導体に比べ、高い即効性を持つ新しいタイプの成分です。

しかも、他のビタミンC誘導体に比べ安定性が高く、72時間以上続く持続性が大きなメリットです。

ビタミンCエチルは、効果の面でも優れています。

紫外線B波にも有効!

これまでのビタミンC誘導体は、紫外線B波のよるメラニン色素の生成には効果がありますが、A波には効きませんでした。

紫外線A波は、夏場に強く降り注ぐ紫外線で肌が黒く日焼けしたり、後からシミがじわじわ増えるタイプの紫外線です。

ビタミンCエチルは、紫外線A波によるメラニン色素の生成はもちろん、紫外線B波による紫外線にも効果を発揮します。

私はビタミンCエチル配合の化粧品を使っていますが、確かにシミやくすみが減った気がします。

水溶性ビタミンC誘導体の副作用

水溶性ビタミンC誘導体は、油溶性のものに比べると刺激性が強いという特徴があります。

そのため、肌へのピリピリ感などの刺激が副作用として考えられます。特に敏感肌やインナードライの方は注意が必要です。

通常ビタミンC誘導体の配合濃度は1%~3%程度ですが、高濃度になるほど刺激が強いことが予測できます。

ビタミンCの効果のひとつ、皮脂抑制作用が強く働くと肌の乾燥がひどくなることもあります。

そのため、逆に肌環境を悪化させる場合もあるので使用前には簡単なパッチテストを行うようにしましょう。

ビタミンC誘導体を選ぶポイント

敏感肌やインナードライの心配がない方の場合は、効果の面から見ても水溶性のビタミンC誘導体、特に「ビタミンCエチル(VCエチル)」が効果的です。

少しでも刺激の少ない物を選びたい場合は、「リン酸アスコビルマグネシウム」あたりから始めてみてはいかがでしょうか。

敏感肌の方には、油溶性のビタミンC誘導体の方が安心かもしれません。

>>油溶性ビタミンC誘導体の詳細はコチラ

まとめ

ビタミンC誘導体には水溶性と油溶性があって、それぞれに持続時間、吸収性、刺激性に違いがありましたね。

効果を最優先するなら、「ビタミンCエチル(VCエチル)」、安全性を最優先するなら、「油溶性ビタミンC誘導体」を選びましょう。

-アイクリームの豆知識

Copyright© アイクリームのランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.