ビタミンC誘導体 油溶性

更新日:

油溶性ビタミンC誘導体は、水溶性ビタミンC誘導体とはどんな違いがあるのか?

効果や副作用も含めて詳しく調べてみました。

その結果、水溶性ビタミンC誘導体に比べ、刺激が少なく、乾燥もしにくいことが分かりました。

もちろん、シミ・シワ・たるみなどにも効果を発揮します。

刺激が少なく、効果もあることから乾燥肌、敏感肌、インナードライの方には嬉しい成分です。

詳しくご紹介しますね。
>>水溶性ビタミンC誘導体の詳細はコチラ

ビタミンC誘導体って何?

油溶性のビタミンCの説明をする前に、簡単にビタミンC誘導体についてご紹介します。

ビタミンCには、抗酸化作用、活性酸素の除去やコラーゲンの生成のサポート、チロシナーゼ阻害による美白作用があります。

しかし、ビタミンCは不安定で持続性がなく壊れやすい成分でもあるので、肌に塗っても効果を発揮しません。

ビタミンC誘導体の誕生

そこで、ビタミンCに改良を加えることで、ビタミンCの持つ効果を維持しながら、肌に吸収されやすく持続性を持たせた成分を開発しました。

それが、ビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体には、油溶性の他に水溶性もありますが、ここでは油溶性のビタミンC誘導体について詳しくご紹介します。

油溶性ビタミンC誘導体はどんな成分?

油溶性ビタミン誘導体は、高濃度でも刺激が少なく、持続時間も長く安定しています。

その反面、吸収されるまでに時間がかかるので即効性はあまり期待できません。

また、油と結合させているため、皮脂の分泌をコントロールする力が弱くべたつきが残る場合もあります。

主に、美容液や保湿クリームなどの油分の多い化粧品に配合されることが多いです。

油溶性ビタミンC誘導体の種類と効果

油溶性ビタミンC誘導体の種類は2つ。それぞれの特徴をご紹介します。

1、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)

皮脂脂肪酸のひとつとされる「イソパルチミン酸」と「アスコルビン酸(ビタミンC)」を結合させた成分です。

肌内部で、エステラーゼという酵素によってビタミンCと脂肪酸に分解されます。水溶性に比べ30倍の吸収力を実現します。

さらに、皮膚内での作用時間は43時間以上になります。

油溶性であるため肌への刺激も少なく、吸収力・持続性も良好なので、皮膚の奥深くまで浸透してじわじわと効果を発揮します。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルの効果は、

・メラニンの生成を抑制することでシミを防ぐ
・コラーゲンの生成を促進することでシワ・たるみを防ぐ
・活性酸素を抑制することで肌トラブルを防ぐ
・紫外線による色素沈着の抑制

などの効果が期待できます。

2、パルミチン酸アスコルビル

脂肪酸のひとつとされる「パルミチン酸」と「アスコルビン酸(ビタミンC)」を結合させた成分です。

アメリカではエステルCの名前で有名な成分ですが、原料が個体で使用感が悪く酸化しやすいというデメリットがあります。

酸化しやすいということは、皮膚に何らかの障害が起こる危険があるということです。そのためあまり使われなくなった成分です。

油溶性ビタミンC誘導体の副作用

現在では、油溶性のビタミンC誘導体と言えば、主にテトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)が使われています。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)の副作用としては、特に目立ったものありません。

副作用というモノではありませんが、水溶性ビタミンC誘導体に比べると、

・水溶性ビタミンC誘導体より即効性がない

・水溶性ビタミンC誘導体に比べベタベタした使用感

という2点がデメリットとなります。

そのため、普通肌や脂性肌の方には相性が悪いかもしれません。逆に、乾燥肌や敏感肌、オイリー肌の方には嬉しい成分ですね。

まとめ

油溶性ビタミンC誘導体は、現在では「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP)」が使われています。

油溶性ビタミンC誘導体は、水溶性に比べ、刺激が少なく、乾燥なども気にならない成分です。

乾燥肌、敏感肌、インナードライの方には嬉しい成分ですね。
>>水溶性ビタミンC誘導体の詳細はコチラ

-アイクリームの豆知識

Copyright© アイクリーム ランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.