目元のたるみ コラーゲン

投稿日:


コラーゲン配合クリームで目元のたるみは良くなるのか?

そんな疑問を持ったことはありませんか。

そこで、コラーゲン配合アイクリームで目元のたるみが取れるのか調べた結果、あまり目元のたるみに効果がないことが分かりました。

また、目元のたるみを取るためには、真皮層でコラーゲンを作り出している繊維芽細胞を活性化するMGAが有効ということも分かりました。

詳しくご説明しますね。

目元のたるみの原因

まずは、目元のたるみの原因からご紹介します。目元のたるみの原因は、加齢によるコラーゲンの減少です。

コラーゲンは真皮層にあって、肌の弾力を支える役割をしています。コラーゲンが減少すると弾力が衰えて皮膚がたるみます。

目元のたるみを改善するには、肌の弾力を支えるコラーゲンを増やすことが重要なポイントになります。

化粧品に配合されるコラーゲンは浸透しない

化粧品に配合されているコラーゲンは分子量が大きく30万~40万ダルトンのものが大半です。

肌の角質層に浸透しやすいのは500ダルトン以下なので浸透させるのは難しいと思われます。

しかし、悪いことばかりではありません。分子量の大きいコラーゲンは肌の表面にとどまって、水分をキープする働きがあります。

肌の水分をキープすることで、乾燥や外部刺激から肌を守ってくれます。

つまり、化粧品に配合されているコラーゲンは肌の表面にとどまり皮膚を乾燥から守るために配合されています。

ラーゲンを内側から増やす成分

では、どうすればコラーゲンを増やすことが出来るのか?

それは、コラーゲンを作り出している繊維芽細胞を活性化させる成分を肌に与えることです。

例えば、ビタミンC誘導体の一種「MGA」は浸透性が高く、繊維芽細胞を活性化させることでコラーゲンの産生をサポートします。

これにより、肌の弾力が取り戻され目元のハリと弾力が生まれます。

このように、コラーゲンそのものを浸透させるよりも、コラーゲンを作り出す繊維芽細胞を活性化させる成分を使った方が効果が期待です。

乾燥を防いでたるみ改善

肌表面の乾燥を防ぐことも肌のたるみを防ぐためには重要です。

肌が乾燥すると、角質に隙間ができるため、肌内部の水分が蒸発しやすくなります。

これにより、肌のターンオーバーが乱れ、コラーゲンの減少にもつながります。

繊維芽細胞を活性化させる成分を補いつつ、同時に肌表面の乾燥もケアすることで肌のたるみはより改善されます。

まとめ

コラーゲン配合クリームだけでは目元のたるみを解消することが難しいということが分かっていただけたと思います。

繊維芽細胞を活性化するビタミンC誘導体の一種「MGA」配合の化粧品などを使うことで、コラーゲンは増加します。

その結果、目元のたるみも解消されます。

>>MGA配合の化粧品はコチラ

 

-アイクリームの豆知識

Copyright© アイクリームのランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.