レチノール 効果

投稿日:


アイクリームにもレチノール配合のコスメが増えてきました。レチノールはシワやたるみに効果的な人気の成分です。

そこでレチノールの効果と副作用を詳しく調べてみました。

結論を先に言うと、レチノールは強い作用を持つため副作用も強く、痒みが出る場合もあります。

しかし、肌の新陳代謝を高め、シミやシワを改善する効果も高いことが分かりました。

詳しくご紹介しますね。

レチノールとはどんな成分?

レチノールはエイジングケアとして注目される成分ですが、実はビタミンAの一種です。

レチノールの効果には、

1、視力の維持と視機能の改善
2、免疫力の向上
3、皮膚や粘膜の強化

となっています。

化粧品に使われているレチノールは「皮膚や粘膜の強化」を目的として配合されています。

ビタミンAは、レバーやうなぎに多く含まれている成分です。ビタミンAが不足すると次のような影響が起こります。

  • 皮膚の乾燥が進む
  • シミ、しわ、たるみが増える
  • 肌荒れを起こしやすい
  • 口内炎が出来やすい
  • 風邪を引きやすい
  • 夜盲症のリスクが上がる

このようにビタミンAは美肌には欠かせない必須成分なのです。

レチノールの種類

レチノールの種類は、

・身体の中にあるレチノール

・食品に含まれるレチノール

・化粧品に含まれるレチノール

という3つのレチノールがあります。

身体の中にあるレチノール

身体の中にあるレチノールは、皮膚で酸素によって代謝され、レチナールに変り、さらにレチノイン酸へと変化します。

このレチノイン酸が肌のターンオーバーや繊維芽細胞を活性化させることで肌の生まれ変わりやコラーゲンの生成を促します。

その結果、シミ・シワ・たるみに効果を発揮します。

食品に含まれるレチノール

レチノールは、動物性食品に含まれるビタミンAの一種なので、レバーやうなぎ、しそ、モロヘイヤなど様々な食品に含まれています。

モロヘイヤ、にんじん、パセリ、バジルなどの野菜に多く含まれるβカロチンは体内でビタミンAに変換されるため、プロビタミンAと呼ばれています。

化粧品に含まれるレチノール

レチノールは身体や食品にも多く存在していますが、成分自体が酸化しやすく持続力が弱いという弱点があります。

そのため化粧品に配合するために、様々な研究開発が行われてきました。

純粋レチノール(ピュアレチノール)

肌へ浸透しやすく効果が高い反面、痒みや赤み等の肌への刺激も強い成分です。

主に医薬部外品に配合されることが多いようです。

酢酸レチノール

劣化しやすいレチノールの安定性を高めるために酢酸を混ぜた成分です。

安定性は弱いですが、肌への浸透性は良く、比較的効果が高い成分なので市販の化粧品の多く使用されています。

リノール酸レチノール

美白効果のあるリノール酸と結合させることで、レチノールの安定性を高めた成分です。

抗シワ・美白効果が期待できます。

パルミチン酸レチノール

パーム油から抽出したパルミチン酸と結合させることで、レチノールの安定性を高めた成分です。

刺激が少ないことから市販の化粧品に広く使用されています。

シラスフィアレチノール

レチノールに天然ビタミンEを結合させた成分で肌への刺激を抑えた成分です。

プロビオン酸レチノール

保存料として使用されるプロビオン酸と結合させることで、レチノールの安定性を高めた成分です。

効果は弱い反面、低刺激なので初めてレチノール配合のコスメを試す方には安心です。

レチノイン酸トコフェリル

美容皮膚科などで使用されてきた「レチノイン酸」はシミやシワに大きな効果を発揮しますが、刺激などの副作用も伴います。

そのため、レチノイン酸とトコフェロール(ビタミンE)を結合させることで効果を維持しつつ、刺激を抑えた成分です。

レチノールの5つの効果と副作用

レチノールは効果が高い成分ですが、副作用もある成分なので事前にチェックしておきましょう。

1、肌のターンオーバーを活性化する

正常な肌のターンオーバーは20代で28日、30代で40日宇、40代で55日と言われています。

レチノールが肌のターンオーバーを活性化することで肌の新陳代謝が活発に働き、シミやシワ、たるみの改善に繋がります。

2、コラーゲンやエラスチンの生成を促進する

皮膚の真皮層には繊維芽細胞と呼ばれるコラーゲン・エラスチンを作り出す細胞が存在しています。

レチノールが繊維芽細胞を活性化することでコラーゲン・エラスチンがどんどん作られることで、肌にハリと弾力を与えます。

3、皮脂の過剰分泌を抑制する

レチノールは皮脂腺の委縮させることで皮脂の過剰分泌を抑える働きがあります。

皮脂の過剰分泌が減ることで毛穴の詰まりやニキビの発生を防ぎます。

4、紫外線のダメージから光老化を防ぐ

レチノールには高い抗酸化作用があるため、紫外線による活性酸素の発生を抑え、シミやしわ・たるみなどの光老化を防ぎます。

5、ヒアルロン酸の生成を促進する

レチノールは繊維芽細胞を活性化することでヒアルロン酸の生成も促進します。

ヒアルロン酸が増えることで表皮の水分がアップしてうるおいのあるお肌を保ちます。

レチノールの副作用

レチノールは効果が高い成分なので副作用のリスクも高くなります。具体的には、痒みを感じたり、赤み等が出ることもあります。

さらに、乾燥やピリピリとした刺激を感じることも。

このように効果が高いレチノールになるほど副作用も出やすくなります。

まとめ

いかがでしょうか。レチノールの効果と副作用を知ることで効果はありそうだけど副作用が心配・・。

そんな気持ちになったかもしれませんね。

初めてレチノール入りのコスメを試す場合は、純粋レチノール(ピュアレチノール)は避けた方がいいかもしれません。

比較的効果が穏やかなパルミチン酸レチノールや酢酸レチノールから試してみてはいかがでしょうか。

どのタイプのレチノールを試す場合も、使用前に二の腕などで簡単なパッチテストを行ってから使ってみてくださいね。

-アイクリームの豆知識

Copyright© アイクリームのランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.